やさしさから やさしさが生まれる 社会へ

&HAND / アンドハンド は LINE などを活用し、身体的な不安や困難を抱えた人と、手助けをしたい人をマッチングし、具体的な行動をサポートするサービスです。
手助けを必要とする人は発信機を内蔵した &HANDデバイス を携帯し、必要な状況でONにすると、周囲の &HANDサポーターの LINE にメッセージが届きます。サポーターは LINE ChatBot を通じて手助けを必要とする人の状況が分かり、具体的な行動を起こすことができます。


&HANDプロジェクト

&HANDプロジェクト は 一般社団法人PLAYERS が運営する活動体です。「やさしさから やさしさが生まれる社会」の実現に向け、ヴィジョンに共感した企業・団体などが連携し、さまざま対象者・フィールドでの &HAND活用について、当事者と共創しながらリサーチ・コンセプトデザイン・UIUXデザイン・サービスデザイン・プロトタイプ開発・実証実験・サービス化・情報発信などの活動を行っています。


妊婦向け&HAND

【 プロトタイプ 】

スマート・マタニティマーク(PLAYERS)

【 実証実験 】

LINEで席ゆずり実験 @メトロ銀座線(DNP・メトロ・LINE・PLAYERS)



車椅子
ベビーカー
高齢者
旅行者向け&HAND

【 実証実験 】

たすけっと @福岡(DNP・ミライロ・西日本新聞社)

【 実証実験 】

ふらっと手助け @新宿(DNP)

【 実証実験 】

スマホで手助け実験 @大阪駅(DNP・JR西日本・ミライロ)



視覚障害者向け&HAND

【 実証実験 

mimamo by &HAND(PLAYERS・JR東日本・ソニーモバイルコミュニケーションズ・ケアフィット)

【 実証実験 】

VIBLO by &HAND(PLAYERS・JR西日本・WHITE・ソニーモバイルコミュニケーションズ)

【 コンセプト 】

BLIND ATTENDANT(PLAYERS・JR西日本)


聴覚障害者向け&HAND

【 プロトタイプ 】

スマート耳マーク by &HAND(PLAYERS)


ボランティア用&HAND

【 実証実験 】

ボランティア用&HAND(PLAYERS・ケアフィット共育機構)


NEWS



&HAND

困っている人に手(ハンド)を差し伸べ、取り合われた手と手から安堵(アンド)が広がっていく。

そんな世界を実現したいという想いから「&HAND / アンドハンド」と名付けました。

VISION
やさしさから やさしさが生まれる社会へ


MISSION
誰もがいつでも助けを求められる
誰もがすぐに手助けできる社会の実現


STORY

一般社団法人PLAYERS を主宰する タキザワケイタ が妻の妊娠時の経験をもとに、電車で立っているのがつらい妊婦と周囲の手助けしたい人をマッチングする「スマート・マタニティマーク」を考案し、プロトタイプを開発(2016年 Google Android Experiments OBJECT グランプリ受賞)。 さらに、対象者を障害者や外国人旅行者、ボランティアなどに広げ、LINEアプリに変更した「&HAND / アンドハンド」に展開しました(2017年 LINE BOT AWARDS グランプリ受賞)。 また、チームの一員であった松尾が所属する大日本印刷が主体となり、東京メトロ・LINE・PLAYERS が共同で「LINEで席ゆずり実験」を実施しました。

現在は、PLAYERS と DNP を中心に、&HANDのヴィジョン「やさしさから やさしさが生まれる社会の実現」に共感いただいた JR東日本・JR西日本・ソニーモバイルコミュニケーションズ・ケアフィット共育機構などの企業・団体と連携し、&HANDプロジェクト を推進しています。

SDGs

Goal 11:都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

● 2030年までに、脆弱な立場にある人々、女性、子ども、障害者、および高齢者のニーズに特に配慮し、公共交通機関の拡大などを通じた交通の安全性改善により、すべての人々に、安全かつ安価で容易に利用できる、持続可能な輸送システムへのアクセスを提供する。

● 2030年までに、女性・子ども、高齢者および障害者を含め、人々に安全で包摂的かつ利用が容易な緑地や公共スペースへの普遍的アクセスを提供する。


Goal 9:レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る

● 質が高く信頼できる持続可能かつレジリエントな地域・越境インフラなどのインフラを開発し、すべての人々の安価なアクセスに重点を置いた経済発展と人間の福祉を支援する。


受 賞 歴

2019年 JR西日本「UMEKITA INNOVATION CHALLENGE」優秀賞(BLIND ATTENDANT)

2018年 KIDS DESIGN AWARD 受賞(&HAND / アンドハンド)

2017年 LINE「LINE BOT AWARDS」グランプリ(&HAND / アンドハンド)

2016年 Google「Android Experiments OBJECT」グランプリ(スマート・マタニティマーク)



主なメディア掲載


SNS


「アンドハンド」「スマート・マタニティマーク」は 一般社団法人PLAYERS の商標または登録商標です。