「スマート・マタニティマーク」コンセプトムービー


妊婦や障害者と手助けしたい人とをマッチングする「&HAND」を「超福祉展」に出展 〜11月7日・10日には体験会を実施〜


一般社団法人PLAYERS(以下、PLAYERS)は、2018年11月7日(水)~13日(火)の7日間、渋谷ヒカリエなどで開催される「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」(通称:超福祉展)に、LINEなどを活用し、身体・精神的な不安や困難を抱えた人と手助けしたい人とをマッチングするプロジェクト「&HAND(アンドハンド)」を出展します。


「&HAND」プロジェクトは、ヴィジョン「やさしさから やさしさが生まれる社会の実現」に共感した企業や団体、個人からなる活動体です。LINEなどを活用し、身体・精神的な不安や困難を抱えた人と手助けをしたい人をマッチングし、具体的な行動をサポートするサービスについて、リサーチやプロトタイプ開発、実証実験、情報発信などの活動を行っています。

「超福祉展」は、障害者をはじめとするマイノリティや福祉そのものに対する「心のバリア」を取り除こうと、2014年より毎年11月に渋谷ヒカリエを中心に開催されている展示会です。

PLAYERSによる「&HAND」の出展は、昨年に続いて2回目となります。今年は、妊婦向けのサービス「スマート・マタニティマーク by &HAND」や、オープンイノベーションによる最新プロジェクト、視覚障害者向けの新サービス「VIBLO by &HAND」などをご紹介します。また、「スマート・マタニティマーク by &HAND」および「VIBLO by &HAND」プロトタイプの体験会を実施します。


以下、今回の出展内容です。


展示ブース

妊婦向けのサービス「スマート・マタニティマーク by &HAND」のプロトタイプ展示および最新プロジェクトをご紹介します。

・期間:11月7日(水)〜13日(火)11時00分 〜 20時00分

・場所:渋谷ヒカリエ8階 8/ COURT・CUBE


シンポジウム:やさしさから やさしさが生まれる社会へ 〜 &HAND体験会 〜

「&HAND」プロジェクトの中から、PLAYERSと東日本旅客鉄道株式会社による「mimamo by &HAND」、大日本印刷株式会社などによる「スマホで手助け実験」、PLAYERSと日本ケアフィット共育機構による取り組みや、今後予定している実証実験、2020年に向けての展望などをご紹介します。また、実際に「スマート・マタニティマーク by &HAND」を体験いただけます。

・日時:11月7日(水)17時00分 〜 19時00分

・場所:渋谷ヒカリエ8階 8/ COURT・CUBE


 イベント:テクノロジーで点字ブロックをアップデート「VIBLO by &HAND」体験会

「&HAND」プロジェクトの中から、点字ブロックをスマートスピーカーやLINEと連携させ、視覚障害者の外出を「声」で支援する「VIBLO by &HAND」のご紹介と体験会を開催します。

・日時:11月10日(土)15時00分 〜 16時00分 ※雨天中止

・場所:ハチ公前広場

※ 本プロトタイプは、同日開催の「LINE BOOT AWARDS」のFINAL STAGEでも展示します。「LINE BOOT AWARDS」の詳細については、https://www.line-community.me/awards/ をご確認ください。


【 超福祉展 開催概要 】

タイトル : 「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」(通称:超福祉展)

開催期間 : 2018年11月7日(水)〜 13日(火)11時00分 〜 20時00分

開催場所 : 渋谷ヒカリエ8階 8/ COUT・CUBE、ハチ公前広場(11/10)、渋谷駅13番出口地下広場(11/10)、渋谷キャスト スペース(11/10〜11)ほか渋谷区内各所にて

入場料 : 無料

主催 : 特定非営利活動法人ピープルデザイン研究所

URL : http://www.peopledesign.or.jp/fukushi/


&HAND(アンドハンド)

LINEなどの手段を活用し、身体・精神的な不安や困難を抱えた人と、それを手助けしたい人をつなぎ、行動を後押しするプロジェクト。ヴィジョン「やさしさから やさしさが生まれる社会」の実現を目指しています。2017年LINE「LINE BOT AWARDS」グランプリ受賞(「&HAND」サービスとして)、2016年Google「Android Experiments OBJECT」グランプリ受賞(「スマート・マタニティマーク」として)。

http://www.andhand-project.com/


一般社団法人PLAYERS

「一緒になってワクワクし 世の中の問題に立ち向かう」をスローガンとした、多様なプロフェッショナルからなるコ・クリエーションチーム。社会が抱える様々な問題に対して、リサーチ、ビジョンメイキング、コンセプトデザイン、プロトタイピング、コミュニケーションデザインなどのあらゆる手段でアプローチし、解決へと導きます。 https://www.facebook.com/players.or.jp/


本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

一般社団法人PLAYERS 広報・PR担当:宮川 pr@players.or.jp


#プレイヤーズ #アンドハンド #超福祉展

「LINEで席ゆずり実験」結果を公開します


大日本印刷株式会社(以下:DNP)、東京地下鉄株式会社(以下:東京メトロ)、LINE株式会社(以下:LINE)は、一般社団法人PLAYERS と2017年12月11日(月)~15日(金)の5日間、東京メトロ銀座線の最後尾車両内で、席に座りたい妊婦の方と席をゆずりたい周囲の乗客をつなぐ「&HAND」の実証実験を実施しました。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。実験結果は今後の開発に活かしてまいります。


「妊婦向けサービス実証実験」

 実施日時:2017年12月11日(月)~15日(金) 10時~16時

 場所:東京メトロ銀座線 上野駅~表参道駅 最後尾車両


「妊婦向けサービス実証実験」結果

  ・LINE 友だち登録数:11,415人

  ・サポーター登録数:6,149人

  ・実験参加サポーター数:約270人

  ・マッチング率:87%(65回/77機会)

  ・1機会あたりの平均サポーター数:3.2人


「LINEで席ゆずり実験」をメトロ銀座線で実証実験を実施します

「妊婦向けサービス実証実験」は終了いたしました。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。実験結果は今後の開発に活かしてまいります。

妊婦向けサービスの「実証実験」を銀座線で実施します

大日本印刷株式会社(以下:DNP)、東京地下鉄株式会社(以下:東京メトロ)、LINE株式会社(以下:LINE)は、一般社団法人PLAYERS /「アンドハンド」プロジェクトチームと2017年12月11日(月)~15日(金)の5日間、東京メトロ銀座線の最後尾車両内で、席に座りたい妊婦の方と席をゆずりたい周囲の乗客をつなぐ「&HAND」の実証実験を実施します。

DNP、東京メトロ及びLINEは、一般社団法人PLAYERS /「アンドハンド」プロジェクトチームと「やさしさから やさしさが生まれる 社会」の実現を目指す「&HAND」構想の実現に向けた取り組みを連携して進めています。

「&HAND」構想は、コミュニケーションアプリ「LINE」などを活用して、身体・精神的な不安や困難を抱えた人と、手助けをしたい人をマッチングし、具体的な行動を後押ししていくもので、その取り組みのひとつとして、日頃スマホを見ていて妊婦の存在に気づかない乗客に対してメッセージを送信し、立っているのがつらい妊婦の方と、席をゆずりたいと考える乗客をマッチングするサービスです。

今回の実証実験では、乗客の方の行動変容や今後のサービス開発に向けた課題などを調査いたします。

「&HAND」実証実験の概要は、以下のとおりです。


1. 実施日

2017年12月11日(月)~15日(金)


2. 場所

東京メトロ銀座線 指定列車の最後尾車両

① 上野駅 10:08 発 →(途中駅乗降可能)→ 表参道駅 10:33 着

② 渋谷駅 10:55 発 →(途中駅乗降可能)→ 上野駅 11:23 着

③ 上野駅 11:08 発 →(途中駅乗降可能)→ 表参道駅 11:33 着

④ 渋谷駅 11:55 発 →(途中駅乗降可能)→ 上野駅 12:23 着

⑤ 上野駅 13:47 発 →(途中駅乗降可能)→ 表参道駅 14:12 着

⑥ 渋谷駅 14:31 発 →(途中駅乗降可能)→ 上野駅 14:59 着

⑦ 上野駅 14:47 発 →(途中駅乗降可能)→ 表参道駅 15:12 着

⑧ 渋谷駅 15:31 発 →(途中駅乗降可能)→ 上野駅 15:59 着

※当日の列車運行状況等により、列車が変更となる場合があります。

※指定列車の最後尾車両には、目印となる腕章を付けたスタッフが乗車しています。


3. 実験内容

① サポーター登録

この実験の趣旨に賛同していただける乗客の方は、あらかじめ「&HAND」のLINEアカウントで“友だち登録”をすることで、「サポーター」に登録していただく必要があります。LINEで「&HAND」を検索いただくか、下記のQRコードから友だち登録をしてください。(安全上の理由から妊婦の方はご参加いただけません)

② 実験車両へ乗車・妊婦の方とのマッチング

サポーターが実験車両に乗車した後、妊婦の方が「座席に座りたい」というメッセージを「&HAND」のLINEアカウント宛にで送信すると、周囲にいるサポーターにメッセージが届きます。

座席を譲りたいサポーターは同様に「&HAND」のLINEアカウント宛に返信することで妊婦の方に座席位置などを伝え、座席を譲ることができます。


リリース

大日本印刷株式会社 http://www.dnp.co.jp/news/10140694_2482.html

東京地下鉄株式会社 http://www.tokyometro.jp/news/2017/190511.html

LINE株式会社 https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1931


「マタニティマークと席譲り」に関するアンケート結果を公開します


妊婦経験者以外・男性 1,058名 に聞きました


約6割の乗客が電車やバスでスマホをしている

Q 電車やバスに乗っている時に、何をしている事が多いですか?

・スマホ 58% ・何もしていない 16%  

・寝ている 13% ・読書・勉強 11% ・その他 2%


半数以上の乗客が優先席に座る事がある

Q 電車やバスの「優先席」に座る事はありますか?

・よく座る 4% ・空いていれば座る 49%

・座らない 45% ・その他 2%


約8割の乗客が席を譲る事がある

Q 電車やバスにおいて、席を譲る事はありますか?

・よくある 15% ・たまにある 63%

・ほとんどない 18% ・まったくない 4%


席を譲る対象は、お年寄り・身体の不自由な方・妊婦

Q 席を譲る場合、どのような方に席を譲る事が多いですか?(複数回答)

・お年寄り 82% ・身体の不自由な方 74% ・妊婦 66%

・乳幼児連れの方 55% ・その他 5%


8割以上の乗客が妊婦に席を譲るべきだと考えている

Q 電車やバスの優先席は「妊婦」に譲るべきだと思いますか?

・はい 81% ・どちらともいえない 16% ・いいえ 3%


6割以上の乗客が妊婦に席を譲る事ができなかった経験がある

Q 妊婦に席を譲るべき状況で、席を譲る事ができなかった経験はありますか?

・ある 61% ・ない 39%


席を譲れなかった理由は、妊婦かどうか判断できなかった・スマホで気づかなかった

Q 妊婦に席を譲るべき状況で、席を譲る事ができなかった理由(複数回答)

・妊婦かどうか判断できなかった(マークを見つける事ができなかった) 65%

・スマホをしていて気づかなかった 30%

・声を掛けるのが恥ずかしかった 25%

・疲れていて譲りたくなかった 24%

・自分よりも譲るべきだと思う人がいた 10%




妊婦経験者 269名 に聞きました


約9割の妊婦がマタニティマークを使用している

Q 妊娠中に「マタニティマーク」をつけていましたか?

・常につけていた 30% ・だいたいつけていた 58%

・ほとんどつけていなかった 13% ・一度もつけなかった 29%


6割以上の妊婦が周囲からサポートを受けた事がある

Q マタニティマークをつけていて、周囲からサポートを受けたことはありますか?

・ある 64%  ・ない 36%


約9割の妊婦が席を譲って欲しいと思っている

Q 妊娠中、席を譲って欲しいと思ったことはありますか?

・ある 88% ・ない 12%


約3割の妊婦が1度も席を譲ってもらった事がない

Q マタニティマークをつけていて、席を譲ってもらった事は何回ありますか?

・1度もない 29% ・1~3回 28% ・4~6回 23% ・7回以上 20%


半数以上の妊婦がマタニティマークを外したり隠した事がある

Q マタニティマークを外したり、隠したりしたことはありますか?

・ある 55% ・ない 45%


約2割の妊婦がマタニティマークをつけていて怖い体験をしている

Q マタニティマークをつけていて、怖い目にあったことはありますか?

・ある 19% ・ない 81%


約6割の妊婦がネガティブな記事から悪影響を受けている

Q 「マタニティマークは危険」といった記事で、意識の変化や悪影響はありましたか?

・ある 58% ・ない 42%



一般社団法人PLAYERS /「アンドハンド」プロジェクトチーム 自主調査

実施時期:2016/12/27〜2017/1/22 調査方法:Webアンケート

妊婦経験者以外・男性:1,058名 妊婦経験者:269名