#スマホで手助け 実証実験

“移動時に困っている人”と“手助けしたい人”をスマホで結びつける実証実験をJR大阪駅で実施します

大日本印刷株式会社(以下:DNP)と西日本旅客鉄道株式会社(以下:JR西日本)、株式会社ミライロ(以下:ミライロ)の3社は共同で、2018年8月3日(金)~8月31日(金)の約1ヶ月間、移動時に困っているさまざまな人と、そうした人のお手伝いをしたいというサポーターとをLINEを活用して結びつける「スマホで手助け」実証実験をJR大阪駅で実施します。

また、2018年8月3日(金)にはJR大阪駅「時空(とき)の広場」にてオープニングイベントを予定しています。


「スマホで手助け」実証実験の概要


1.実施日

2018年8月3日(金)~8月31日(金)

2.場所

JR大阪駅改札外 (中央コンコース、御堂筋南口~桜橋口付近)

3.実験内容

下記のような「移動に困っている人」と、「手助けしたい人」とをLINEで結びつける実証実験です。

(1)段差などの障害物により、移動が困難になる高齢者、ベビーカー利用者、車いす利用者など

(2)観光案内所などの駅施設や乗換ルートに迷っている訪日外国人や観光客など

「&HAND」LINEアカウントの登録

この実証実験の趣旨に賛同し、参加していただける方は、「&HAND」のLINEアカウントにあらかじめ“友だち登録” をお願いいたします。登録の際、自分が「手助けを必要とする側」か「手助けする側(サポーター)」を選択し、各項目を登録していただきます。


◆サポートの依頼とサポーターとのマッチング

「&HAND」LINEアカウントに友だち登録を行った方がJR大阪駅の実証実験エリアに入ると、「&HAND」のLINEアカウントから自動的に実証実験エリアに入った旨のメッセージが届きます。メッセージはLINE上のチャットボット(自動会話プログラム)で行われ、手助けが必要な場合、会話形式で質問に答えていくことで、移動のサポート依頼からサポーターとのマッチングまでが行えます。また、同エリアにいるサポーターは、同じくLINEのチャットボットを通じて、移動時に困っている人からの依頼を受け、サポートの意思を表示することで、移動時に困っている人がいる場所に誘導されます。

このチャットボットは、訪日外国人にも対応できるよう日本語と英語に対応しています。


「スマホで手助け」実証実験における参画する各社


DNP

今回の「スマホで手助け」実証実験のコンセプトである「&HAND」構想に2017年の発案段階から参画しており、現在はさまざまな企業と連携し、事業化を目指した実証実験を推進しています。2017年12月に都内の地下鉄で、立っているのがつらい妊婦と、席をゆずりたい乗客をマッチングする実証実験を実施、今回の実証実験が第2弾となります。 本実証実験では、「移動時に困っている人が、意思表示しやすくなる」「サポーターが、自分で手助けできる内容/手助けできない内容があることに気付ける」環境を構築することで相互理解を促し、心のバリアフリーを実現していきます。


JR西日本

安心・快適に鉄道をご利用いただけるように、お身体の不自由なお客様に積極的にお声かけを実施しております。ご利用のお客様にも駅や車内でお困りの方を見かけた際は、お声かけのご協力をお願いする「声かけ・サポート運動」(共助)を推進しています。また、改札外で行う本実証実験では実施場所を提供するとともに、「技術ビジョン」*1の取組みのひとつとして、「声かけ・サポート運動」の新たな形を検討したいと考えています。


ミライロ

障害を価値に変えるバリアバリューの視点から、ユニバーサルデザインのコンサルティングを行っており、「やさしさから やさしさが生まれる 社会」という「&HAND」のビジョンに共感し、昨年の実証実験から参画しています。本実証実験では、ユニバーサルマナー検定*2受講者のサポーターへの参画をはじめ、マッチングのフォローや、バリアフリー地図アプリ「Bmaps(ビーマップ)」との連携などを行います。


今後の展開

今回の実証実験の検証を経て、駅でのさまざまな困りごとやニーズに対して、善意を持つ人が自然に、あたりまえのこととして行動できるようサポートするサービスの開発を進めていきます。


リリース

大日本印刷株式会社 http://www.dnp.co.jp/news/10147997_2482.html

西日本旅客鉄道株式会社 https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/07/page_12719.html

株式会社ミライロ http://www.mirairo.co.jp/information/post-11560