&HAND / アンドハンドはLINEなどを活用し、身体・精神的な不安や困難を抱えた人と、手助けをしたい人をマッチングし、具体的な行動をサポートします。

&HAND matches people who have difficulties in their lives because of physical or mental health problems with people who are willing to give help. Utilizing beacon devices or chat apps, we support and promote their actions.


手助けを必要とする人は Beaconデバイス を携帯し、必要な状況でONにすると、周囲のサポーター(手助けをしたい人)の LINE にメッセージが届きます。サポーターは ChatBot を通じて手助けを必要とする人の状況が分かり、具体的な行動を起こすことができます。 

一般社団法人PLAYERS の タキザワケイタ が妻の妊娠時の経験をもとに、電車で立っているのがつらい妊婦と手助けしたい方をマッチングするサービス「スマート・マタニティマーク」を考案し、プロトタイプを開発(Google「Android Experiments OBJECT」グランプリ受賞)。そのアイデアをもとに、対象者を障害を抱える方や外国人旅行者などに広げ、アプリをLINEに変更した「&HAND / アンドハンド」に展開しました(LINE BOT AWARDS グランプリ受賞)。


NEWS

「スマホで手助け」実証実験を実施します

大日本印刷株式会社(以下:DNP)と西日本旅客鉄道株式会社(以下:JR西日本)、株式会社ミライロ(以下:ミライロ)の3社は共同で、2018年8月3日(金)~8月31日(金)の約1ヶ月間、移動時に困っているさまざまな人と、そうした人のお手伝いをしたいというサポーターとをLINEを活用して結びつける「スマホで手助け」実証実験をJR大阪駅で実施します。また、2018年8月3日(金)にはJR大阪駅「時空(とき)の広場」にてオープニングイベントを予定しています。

「スマホで手助け」実証実験の概要

  実施日:2018年8月3日(金)~8月31日(金)

  場所:JR大阪駅改札外 (中央コンコース、御堂筋南口~桜橋口付近)

  実験内容:下記のような「移動に困っている人」と、「手助けしたい人」とをLINEで結びつける実証実験です。

 (1)段差などの障害物により、移動が困難になる高齢者、ベビーカー利用者、車いす利用者など

 (2)観光案内所などの駅施設や乗換ルートに迷っている訪日外国人や観光客など


&HANDプロジェクト

&HANDプロジェクトは、ヴィジョン「やさしさから やさしさが生まれる社会」の実現を目指す活動体です。ヴィジョンや活動に共感し、プロジェクトに参画した企業・団体・個人などが連携し、情報発信・コンセプトデザイン・プロトタイピング・サービス化などの活動を行っています。


&HANDプロジェクトの主な実績


受 賞 歴

2016年 Google「Android Experiments OBJECT」グランプリ(スマート・マタニティマーク)

2017年 LINE「LINE BOT AWARDS」グランプリ(&HAND / アンドハンド)

スマート・マタニティマーク CONCEPT MOVIE

「&HAND / アンドハンド」 は一般社団法人PLAYERS が、Google主催のプロジェクト「Android Experiments OBJECT」でグランプリ受賞した『スマート・マタニティマーク』、LINE「LINE BOT AWARDS」でグランプリ受賞した「&HAND」をもとにしたサービスです。


主なメディア掲載



「アンドハンド」「スマート・マタニティマーク」は 一般社団法人PLAYERS の商標または登録商標です。